喜多さんのパチスロ道中記

パチンコ稼働報告でやんす

第5回 甘デジ化物語の注意点 止め打ち

予告通り甘デジ化物語の注意点について記載しますね!

簡単に言うならば甘デジの化物語二種類あります

「なにいってんの??」って思いますよねw筐体の左下を見てみてください。STKかSTJと記載されてます。この二種類でスペックが異なります。

まずはSTKのスペック

 

ヘソ賞球 3球

ST確率  1/14

ラウンド振り分け  15R  40%

                                 6R  40%

                                 2R  20%(出玉無し)

 

STJのスペック

 

ヘソ賞球 7球

ST確率  1/16

ラウンド振り分け   15R 20%

                                 6R  60%

                                 2R  20%(出玉無し)

 

となっています。注目すべき点だけ取り出しましたが1番大事なのはラウンド振り分けですね。この甘デジは15Rをいかに取れるかが出玉のキモになります。

初当たり後6GのSTで当選しないと時短が貰えないので単発率が高い本機(突入率32〜35%)ヘソで15Rをとって次に繋げるって流れもあります。

 

つまりなにが言いたいかというと。。。

スペックが違うとボーダーも変わるということです。

 

ボーダー

STK  18.2/1k

STJ   25.6/1k

 

わかりますでしょうか。化物語を打って「20回回る!期待値ある!!」なんて思ってたらSTJだったと言うのはよくある話です。KとJとでは7回転以上の開きです。皆さんもお気をつけください。

 

注意点はこれくらいで下記は止め打ちになります。

 

1回目が開放しきってから1発

1回目が閉じる瞬間1発

2回目が閉じる瞬間1発

4回目が開いたら1発

少し間を空けて1発

6回目が開く前にひねりで2発(1発も可)

7回目が開いてひねりで2発(1発も可)

 

の繰り返しです。開放パターンは

中→閉→短→短→短→閉→短→短→閉→中

となってます。中は捻らなくても大丈夫ではあります。

ただし1セット5入賞で終了となります。5球目が入ったら1発打ち出すと無駄がなくなります。

なかなか面倒な打ち方ですが、できるようになればボーダー少し下げれると思います。賞球も3球と多いので出玉を増やすチャンスでもあります。

 

注意点と止め打ちでした。ぜひ試してみて下さい。以上喜多でしたー!